利益も損失も大きくなるFX取引のレバレッジ

利益も損失も大きくなるFX取引のレバレッジ

FX取引とは外国通貨の為替レートの変動を利用して利益を得る投資方法です。同じ様な投資方法に現物株取引がありますが、こちらの投資方法を利用するには株式を購入するための多額の資金が必要となります。

 

しかし、FX取引では、証拠金という数万円から数十万円のお金を業者に預けることで、実際の投資資金より大きな取引を行なうことが出来ます。これをレバレッジと呼びます。レバレッジと利益の関係を簡単に説明すると、1ドル100円の米ドル通貨は10万円の投資金額では1000ドル分の取引しかできません。

 

しかし、レバレッジを使うと投資資金の25倍や50倍の投資が可能となります。10万円を証拠金にして50倍のレバレッジを使えば50000ドル分の取引が可能となります。もし米ドル通貨の為替レートが1円プラスに変動したら、レバレッジを使わない場合は1000円しか利益が取れませんが、50倍のレバレッジを使えば5万円の利益となります。

 

ただし、レバレッジは利益だけでなく損失にも影響します。先ほどの例で、為替レートが想定と逆に1円マイナスに変動したら、レバレッジを使わなければ1000円の損失で済んだのが、50倍のレバレッジでは5万円の損失となります。

 

また、この損失は業者に預けている投資資金から差し引かれますので、10万あった資金は5万円に目減りしてしまいます。FX取引のレバレッジは将に諸刃の剣なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ