FX取引で起こるシステム障害とは

FX取引で起こるシステム障害とは

システム障害という言葉を聞いたことがあるでしょうか。FXを行う際にはオンライン取引が主になってくるのでたびたびシステム障害にさらされてしまうことがあります。FX取引で起こるシステム障害にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

FXにおける障害とは、業者のサーバーがダウンして取引ができなくなってしまう状態のことです。さまざまな支障が出てきてしまい、新規注文ができない状態になったり、ログインすることができなくなったり、取引の重要な材料になるレートがご配信されてしまう事態になることもあります。

 

この現象が起こってしまう原因としては、急激に注文が殺到して処理しきれなくなってしまった時です。

 

経済の動きを見て皆さんは買い注文や売り注文を出していますが、これはすべての人が行っていることで何か緊急なことが発表になったり、海外で株価の暴落などが起こった場合にはすべての人が損失を最小限にしようとするために売買注文が殺到してしまいます。

 

そのためにサーバーが処理しきれずにダウンしてしまい障害が起こってしまいます。障害を全く避けるということは難しいので、各業者では障害が起こった時の対処法を用意しています。約款に書かれているので必ず確認しておくようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ